土地家屋調査士とは?

土地家屋調査士とは?

不動産調査士とは

不動産の法律と技術のプロ、それが調査士です。

 

あなたの重要な財産である土地や建物は、法務局(登記所)にある 登記簿に記録することにより、その権利が保全されます。

 

土地家屋調査士は、顧客の依頼によってその土地や建物がどこに あって、どのような形をしているのか、また、どのような用途に使用されているかなどを調査、測量して図面作成、申請手続などを行う測量及び法律の専門家です。

 

● 境界杭がなくて隣との境界がわからない!
● 土地を2つに分割したい。
● 宅地にしたのに地目が畑のままだ。
● 隣との境界線にブロック塀をつくりたい。
● 取り壊した建物の登記が残っている。
● 住宅を新築したが、登記していない。
● 古い建物が未登記のままだ。

など、土地・建物に関することでしたら何なりとお気軽にご相談下さい。

 

皆様の大切な財産である、土地や建物の所在・種類・面積に関して調査及び測量して、図面を作成したり、法務局(登記所)に申請する専門家です。

土地・建物の調査・測量および申請について お客様からの依頼内容を充分に理解し、法務局をはじめ関係する官公署及びその他資料を出来るだけ収集し、隣接する地権者や建物の所有者との、立会い確認を行います。

 

◇土地表示登記

道路等の払い下げ等により新しく登記簿を作る登記申請。

◇分筆登記

一筆の土地を分割する登記申請。

◇合筆登記

隣接する土地をひとつにまとめる登記申請。

◇地目変更登記

土地の現況が登記簿の記載と変更したときにする登記申請。

◇建物表示登記

建物を新築したときに新しく登記簿を作る登記申請。

◇変更登記

増築して床面積が増えたり、一部取り毀して床面積が減ったときにする登記申請。

◇建物滅失登記

建物を取壊し等を行った時にする登記申請。

◇申請業務以外では

隣接地との境界が不明なとき、立会・確認の上、調査・測量をして境界標を設置する業務など。

mainend
mainend